FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日開催 森の読書室

森の読書室(1110)

おはようございます

「森の読書室」は本日、予定通り開催いたします

午後から雨の天気予報ですが、公園にはテントを設置し、なんとか雨はしのげるようになっています

FJ310075s.jpg

ただ、雨風強まってきた場合は、16:00の終了時刻を待たずに早めに切り上げる可能性もありますのでご了承ください

みなさま、是非、宮ノ下駅近く、浅間公園へお立ち寄りください
スポンサーサイト

浅間公園の清掃をしました



10月おわりの台風が去ってから、急に寒くなりました。
日に日に紅葉も進み、宮ノ下から見える山も秋色が濃くなってきました。

「森の読書室」が今週の日曜日(10日)に迫ってきたので、昨日・今日と浅間公園の清掃をしました。

すでに11月のハイシーズンにさしかかり各店舗とも忙しいので、午前中の限られた時間で、草刈り、高圧洗浄機でのベンチの清掃、縁台の塗装などを行いました。

lRIMG0007.jpg


lRIMG0009.jpg


lRIMG0004.jpg

あとは、10日の日曜日。
雨が降らないことを祈るばかりです。


一箱古本市のほうは、以下のような出店者が参加予定です。

<イトヨ文庫>
アート、デザイン、お菓子、編み物、料理本などの実用書やムック、コミック等

<古本や ぷーんとぅ>
紀行やバックパッカー関係のエッセイ、紀行本を中心に。絵はがきなど。

<ゆり書店>
人文系絶版本、その他一般書籍

<アトリエ246>
中国古美術・拓本関係を中心に

<OKEBA GALLERY>
子供の頃に読んだ懐かしい絵本から現代ものまで、絵本を中心にご提供いたします

<石川文庫>
建築やデザイン、アート書籍を中心に格安で提供いたします。

<雲水たみお>
黄色いクマのあみぐるみ、「たみお」の写真集を展示貸出します。(一部販売もあるかも)

<NARAYA CAFEブックス>
旅館時代の古い蔵書や、店主あどぅーが世界を旅して集めた航空会社のフライトマガジンなど

<版房NAKATOH>
ポストカード・しおり(自作木版画を加工したもの) ・自作リトグラフ版画の小品など

<アトリエやんつ>
(故)白石洋子さんが生前に描かれた絵画の絵はがきなど

そのほかに商店会のメンバーから秘蔵本を集めたブースなど、ほかにも何店か出店予定です。

森の読書室出店者(追加)募集しています

森の読書室(1110)

11月10日に延期となった森の読書室ですが、延期のために出店できなくなった出店予定者が多く、追加募集を行います。
すでに日時も迫っておりますが、もしご興味のある方がいましたら、是非、ご参加ください。

箱根の山の紅葉も日に日に進んでいます。
秋空のもと、お気に入りの本を一箱持ち寄って、本屋の店主を楽しみましょう。
出店料は無料です。

募集要項は以下の通りです。

●日時
2013年11月10日(土) 11時~16時

●場所
浅間公園 箱根登山鉄道宮ノ下駅より徒歩3分
* 雨天の場合は11/17(日)に延期

●ルール
一箱はだいたいミカン箱程度のものとし、箱の種類は問わない
例:段ボール、トランク、カート など

屋号をつけて、表示する(表示方法は看板・のぼりなど自由)
例:Naraya cafe ブックス 嶋書房、きまぐれ書店 など

一箱の中身は基本的には古本とするが、本・読書に関連するものであれば出品可
例:ポストカード、しおり、ブックカバー など

今回のイベントは「森の読書室」という趣旨で行うため、公園内であれば立ち(座り)読みOKとします。本の貸出・返却の管理は、店主とお客様との間で直接やりとりをお願いします。

●持ち物
販売は各店ごとに行ってもらうので、小銭のご用意をお願いします
突然の雨に対応できるビニールシートなど
腰掛けるための折りたたみの椅子などあると便利です

●申込先
NARAYA CAFE
0460-82-1259
info@naraya-cafe.com

1. 氏名
2. 住所
3. 電話番号(携帯)
4. メールアドレス
5. ホームページアドレス(あれば)
6. 屋号
7. 品揃えの特徴などPR文
を書いて、上記メールアドレスまで送ってください

●その他
事前に本を送りたい方は下記住所まで
〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下404-13
NARAYA CAFE

募集は先着順となります
定員になりしだい締め切ります

当日、参加者投票による「本日の一押し箱」に選ばれた店主には、賞品を用意しています。

* 一箱古本市とは
参加者が一箱に売りたい本を持ち寄り、販売する青空古本市です。
2005年に東京の不忍通り「不忍ブックストリート」で始まった古本のイベントで、その活動は全国的に波及し、年々、開催地が増え、活気を見せています。

森の読書室は11月10日(日)に開催します

森の読書室(1110)

台風のため延期となった森の読書室は11月10日(日)に開催されることになりました。

宮ノ下さんぽの会期(10/19~27)が昨日で終了し、「セピアコレクション」と「フォトコンテスト」は片付けに入ります。
それにしても、今年の宮ノ下さんぽはお天気に恵まれませんでした、、、、

「宮ノ下さんぽ」の中のイベントとして企画した「森の読書室」でしたが、台風で延期した事情により宮ノ下さんぽの会期とは切り離して行うことになりました。

「森の読書室」と銘打ったもともとのコンセプトからしても、青空のもとで、公園を使ってやることにこのイベントの意義はあります。
そこで、今度は雨天の場合、公民館で開催でなく翌週の日曜日(11/17)に延期としました。
出店者の予定もあるので、以前紹介した顔ぶれとは変わることになると思いますが、調整が付いて、参加ブースの内容が分かってきたら、このブログでも紹介しようと思います。


箱根の山も標高の高いところから順に紅葉がはじまってきています。
11月10日(日)、宮ノ下から眺める山々も色づいてきていることでしょう。
秋の宮ノ下に是非お越しください!!


会場となる浅間公園について少し説明しておきます。

park_entrance.jpg

箱根登山鉄道宮ノ下駅から少し坂をくだったところに公園の入口があります。
(ちょうどNARAYA CAFEの足湯のあるあたりです)


RIMG0228.jpg

ここから線路沿いの道を進みます

RIMG0244.jpg

さらに進むと公園が見えてきます。(徒歩1〜2分ほどです)


sengenpark.jpg


RIMG0239.jpg

緑に囲まれた気持ちの良い公園です


RIMG0249.jpg

時々、木々の間から通過する登山電車が見えるのも楽しいです

RIMG0707.jpg

昨年の「宮ノ下さんぽ」で製作されたジオラマ(岡村友太郎氏作)もこの公園にあります

RIMG0246.jpg

「森の読書室」にむけて製作した、地元の木を使って作った縁台もスタンバっています。
当日はこの他にも、大小さまざまな木の椅子が公園に並ぶ予定です。

、、、、、なので、是非ともそのお披露目も兼ねた「森の読書室」、11月10日に秋空の元開催したいのです!!


皆様、是非いらしてください。
時間は11:00~16:00です。
ブックカバー作りのワークショップなどもありますので、ご家族と、友人と、もちろんお一人でもお気軽にご参加ください。

森の読書室(10/26)は延期します

森の読書室延期のお知らせ

10月26日(土)に予定していました「森の読書室with一箱古本市」は開催を11月に延期することになりました。

雨天の場合の開催場所として宮ノ下駅近くの公民館を予定していましたが、本日現在、台風の進路予報をみると、ちょうど26日(土)に箱根を含む関東地方に最接近する見込みです。
ただの雨であれば、公民館を利用して実施できるのですが、台風となると、災害の危険もあるし、交通機関も大幅に乱れることが予想されます。
すでに周辺のホテル・旅館では宿泊のキャンセルも出てきているようで、出店者も含め、多くの人に楽しく「森の読書室」を味わって頂くためには日を改めたほうが良いという結論になりました。

延期の時期は11月中頃(の週末)を予定しています。
まだ関係者、関係団体との調整がついていませんが、決まり次第、このブログでもお知らせしたいと思います。

すでに宮ノ下行きを予定されていた方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご理解のほどお願いいたします。
プロフィール

宮ノ下さんぽ

Author:宮ノ下さんぽ
宮ノ下さんぽvol.3開催!
2013/10/19~2013/10/27

最新記事
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。